遅れてきたルーキーBlog

33歳で海のルーキーとなった男の日々を気まぐれに綴ります

SUP

普段の漕ぎ練習が波乗り力を高めてくれます

投稿日:

逗子海岸での波乗りは

個人的には久しぶり

 

 

膝~腿くらいの波で楽しませていただきました

 

スクールで皆さんと乗っていて感じたのは

テイクオフするにはやっぱり日頃の漕ぎが大事だなと

 

テイクオフの成功確率と

普段の漕ぎ力は間違いなく比例しています

 

パドルが水の中で動いてしまう漕ぎ方をする人は

やっぱり波においていかれてしまうことが多いですし

 

そして波が来た時にやたらとパドルを動かす回数も多くなってしまいます

 

それに比べ

ブレードでしっかり水を捉えられる人は

数回の漕ぎでテイクオフできてしまいます

 

同じ時間海に出ていても

波に乗れる回数は大幅に変わってきてしまいます

 

波が無いときにいかにちゃんと漕ぐ練習をしておくかが

いざ波が入ったときに楽しめるかどうかの鍵を握っているのは

間違いないですね

 

とはいえどのような漕ぎがいいのか?

 

 

僕の中の今の理想は

水に刺したパドルがそこから動かなくなるイメージです

 

  1. パドルを水の中にセットする
  2. ブレードが最大限に水を捉えてくれる方向に力を加える
  3. グリップの一点に集中して力を込めるとカチッとハマるような感触が
  4. パドルがカチッとハマったらボードを引き寄せる

 

 

カチッとハマるためには

とにかくテコの原理を使わない

 

僕の中では

グリップの一点でパドルをまっすぐ抑えるようなイメージなわけで

 

まだまだブレードから水が抜けてしまうことが多いけど

この水を捉える制度の高さ=パドル力だと思います

 

平水面で漕いでいても毎回うまくいくわけじゃないので

もちろん波間だと尚更確率が下がります

 

普段のクルージングから

どれだけひと漕ぎの精度を高めておくか

 

凪の日のクルージングも

レース艇で漕ぎ練習のときも

全ては波乗りに通じているのです!

-SUP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日から週末漕ぎスクール始まりました!

今日の夕方から 漕ぎスクールはじめました   こんな感じの漕ぎを目指して     記念すべき第1回に来てくれたMさん     フォームを確かめるために …

漕ぎ方改善計画!

Connor Baxter     Kai Lenny   Candice Appleby   Taiyo Anai   世界トップの選手たちと自分を比較してみ …

パドルを持たしてみたら気に入ってくれたみたいです( ´艸`)

もうすぐ2歳になる我が息子   パドルに興味を示し出しました!     Anny Ghing 誕生!       不敵な笑みを浮かべてますw

あらゆるスポーツのトレーニングの一環として SUPはきっと活かせる気がする~!

  あらゆるスポーツのトレーニングの一環として SUPは使えるのでは無いかと自分は考えています   1.バランスボール効果としてインナーマッスルを鍛えられる。 しかも常に変化する水 …

2018年 漕ぎ初め

  あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願い致します   2日の今日は風が無かったのでウインドサーフィンではなくSUPで海に出ました   昨日も逗子海岸には息 …