遅れてきたルーキーBlog

33歳で海のルーキーとなった男の日々を気まぐれに綴ります

SUP

普段の漕ぎ練習が波乗り力を高めてくれます

投稿日:

逗子海岸での波乗りは

個人的には久しぶり

 

 

膝~腿くらいの波で楽しませていただきました

 

スクールで皆さんと乗っていて感じたのは

テイクオフするにはやっぱり日頃の漕ぎが大事だなと

 

テイクオフの成功確率と

普段の漕ぎ力は間違いなく比例しています

 

パドルが水の中で動いてしまう漕ぎ方をする人は

やっぱり波においていかれてしまうことが多いですし

 

そして波が来た時にやたらとパドルを動かす回数も多くなってしまいます

 

それに比べ

ブレードでしっかり水を捉えられる人は

数回の漕ぎでテイクオフできてしまいます

 

同じ時間海に出ていても

波に乗れる回数は大幅に変わってきてしまいます

 

波が無いときにいかにちゃんと漕ぐ練習をしておくかが

いざ波が入ったときに楽しめるかどうかの鍵を握っているのは

間違いないですね

 

とはいえどのような漕ぎがいいのか?

 

 

僕の中の今の理想は

水に刺したパドルがそこから動かなくなるイメージです

 

  1. パドルを水の中にセットする
  2. ブレードが最大限に水を捉えてくれる方向に力を加える
  3. グリップの一点に集中して力を込めるとカチッとハマるような感触が
  4. パドルがカチッとハマったらボードを引き寄せる

 

 

カチッとハマるためには

とにかくテコの原理を使わない

 

僕の中では

グリップの一点でパドルをまっすぐ抑えるようなイメージなわけで

 

まだまだブレードから水が抜けてしまうことが多いけど

この水を捉える制度の高さ=パドル力だと思います

 

平水面で漕いでいても毎回うまくいくわけじゃないので

もちろん波間だと尚更確率が下がります

 

普段のクルージングから

どれだけひと漕ぎの精度を高めておくか

 

凪の日のクルージングも

レース艇で漕ぎ練習のときも

全ては波乗りに通じているのです!

-SUP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ISF 3キロレース みんな頑張りました!

西表サップフェスティバルツアー 皆さんが参加した3キロレースは 結構な風が吹くなかスタート\(^^)/     レース初参加のA君     FFチームの先頭Fさ …

台風一過WAVE

台風一過で逗子は朝からいい天気 でも海はやっぱり荒れ模様 朝のうちは風弱かったので SUPの波乗り練習 キモティーーーーーーーーヽ(*´∀`)ノ

漕いでるだけで 腹筋ワンダーSUP

  SUPを体全身で漕ぐことを意識すると 僕は腹筋を結構使います   ちょっとスピードを出そうとすると その腹筋運動に負荷を加えることができます   ということは &nb …

no image

2018年 SUP漕ぎは1ストロークの伸びを追求します

  SUPレースの速さを追求するためには、1ストロークの伸びをいかに長くするかを追求すること。 これはトップレーサーの方々が言っていることです。   目先の速さにはおそらく直結しな …

マイナビジャパンカップ 6キロ 獲ったど~!

  昨日のマイナビジャパンカップ6キロの部に参加してきました   一緒にエントリーしたフェザーの皆様、お疲れ様でした     スタート直前に記念撮影 &nbsp …

まだデータがありません。