遅れてきたルーキーBlog

33歳で海のルーキーとなった男の日々を気まぐれに綴ります

SUP

2018年 SUP漕ぎは1ストロークの伸びを追求します

投稿日:2018年1月4日 更新日:

 

SUPレースの速さを追求するためには、1ストロークの伸びをいかに長くするかを追求すること。

これはトップレーサーの方々が言っていることです。

 

目先の速さにはおそらく直結しない漕ぎ方なので、継続するには根気が必要です。

そしてトップレーサーの方々がおっしゃることを信じ抜くこと!

 

1漕ぎをどうすれば最大限に伸ばせるのか。

パドルを入水させ、ブレードで水をキャッチしたところでカチッと固まり、その固定したパドルを利用してボードを前へ進ませる。

これができれば1漕ぎで叩き出す距離が最大限に伸びるはず。

ということは意識しなければいけないのは、パドルに一生懸命押さえ込むような力を入れることではなく、パドルがカチッと固まる様な力を入れ続けることである。

ボードをパドルに寄せるためにはカチッと固まってる抵抗が必要なので、限りなく固定に近い状態を作り続ける必要がある。

この固定に近い状態を作り続けながらボードを寄せることを、可能な限り前にパドルを刺して行う。

 

2018年の自分のSUPは、こんなことを考えながら、そしヨダレを垂らしながら漕いでいきたいと思います。

 

 

どうしても理屈から入っていってしまう性分

2018年も理系脳をフル回転させていきます!

 

ヨダレを垂らしながら漕ぐのはやっぱりちょっとあれですね^^;

 

 

-SUP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生初の2日連チャンレース 体にくる〜〜〜〜〜(><)

ISFで 人生初の2日連荘レースを経験   1本目のスタート前は こんなに元気そう     スタートも元気に飛び出した     ゴール前では死にそう( …

天罰が下って下りました

  自分が普段からお世話になっている道具は 大切に扱うことを 野球を通じてしっかりと教え込まれてきたはずなのに   今回は完全に怠りました   SUPで長時間漕ぐときにし …

パドルのキャッチがこんなことにも効果を発揮

パドルのキャッチを意識しまくっている今日この頃     波待ち中のバランスもおかげで良くなってます   ブレードで水をとらえれば パドルが杖のようになりしっかり体を支えて …

西表SUPフェスティバルツアーは9月24日で受付を終了致します

  西表SUPフェスティバルのエントリーが10月1日より始まります。 それに伴い、11月24日から企画しているSUPツアーの申し込みは、1週間前の9月24日で締め切らせて頂きます。 また、現 …

西表サップフェスティバルツアー 始まりました

今日から 西表サップフェスティバルツアー     まずは石垣島を堪能し               石垣のソウ …

まだデータがありません。